note » ギリシャ出張 POSIDONIA DAY2 | The company co.,ltd | ザ・カンパニー – デザイン・ブランディング・プロモーション

note

デザイン・音楽・映画・本・ファッション・カルチャー・料理・植物・etc…。
私たちが好きな事、気づいた事、見つけた事を私たちの目線で"時々"綴るロードダイアリー。

ギリシャ出張 POSIDONIA DAY22022.06.21

POSIDONIA2日目。

昨日は夕方から招待者のみへの開放だったため、本日から本格的なスタート。

 

先日のブログで少し触れましたが、今回ギリシャに来たのは「POSIDONIA(ポジドニア)」のためであり、

展示会ではクライアントのブースデザインを担当。

ブースのテーマは、バーをモチーフにクライアントのコーポレートカラーである「ターコイズグリーン」とギリシャの海をイメージし「ターコイズグリーン」を壁面と床に使用したブース。

壁面のグラフィックには、クライアントのタグライン『Sensing with you』の想いを英語で表記、他にも測る(sensing)をイメージしたコンパスにクライアントのロゴを組み合わせたデザインを手掛けました。

他のブースに比べて一際目立つブースに2日目から多くのお客さんに立ち寄って頂けました。

 

 

 

弊社プロデューサーの本行から「今日は、TAKAさんたちのお客さん対応と他のブースを撮ろう。」

という指示の元、僕は撮影へ。

この撮影も実は言うと、クライアントのドキュメンタリー用と弊社用に次の展示会に繋げるためのブースの視察として撮影をしています。だから僕は何が何でも良い画を撮らなければいけないと思っています。後は撮影が何より楽しい。

 

会場の撮影をするために色々なブースを歩いていると、

まずこのMetropolitan expo(展示会場)の広さに驚きました。

Metropolitan expoは、東京ドーム約1個分あるそうです。

いまいち大きさのイメージが付きづらいかもしれないですが、ホールが4つあり出展数は1964社。

(1ホール約12,000万平方メートル)

seajapan(580社)の約3.5倍以上の企業が世界各国から集まっています。

これだけでもこの展示会の大きさ、注目度が分かると思います。

 

 

 

撮影のため他のホールを回ると海外企業のブースの盛り上がりに驚きました。

バーやカフェスタイルのブースが多く昼からお酒を飲みながらお客さん対応する姿は日本ではありえない光景でした。

一種のお祭りが行われているような、どれだけ周りの企業よりも違いを出せるか、注目を浴びれるかという戦いが行われているのです。(ただ楽しくコミュニケーションの場を設けるかということだと思うんですが。)

日本と西欧の文化の違いを感じた瞬間でした。

僕は日本の真面目で謙虚な部分が好きですが、やはり西欧の楽しもうというマインドとその行動の部分がやっぱり楽しいし好きなんです。(早くコロナが終わって海外に行きたい!!!)

 

 

そんなことを考えながら日本企業が集まるブースに戻ると、お酒の提供があるブースはあれど面白さのかけ離れたブースではないですか。(日本の展示会ならごく一般的な光景。)

お酒の提供があっても仲間内でお酒を飲み、ブースの前に立ちお客さんが来るのを待つ。

もっとオープンに海外ブースのようなコミュニケーションの場を作れれば面白くなりそうなのに。。。

 

 

前回の「POSIDONIA DAY1」で何かが起こりそうと書きながら2日目は特に何も起こらず終了。

ブースも活気づいて展示会の雰囲気、海外と日本の展示会の違いを感じれたので、良かったです。

Contact

The company co.,ltd <ザ・カンパニー>はブランディング・プロモーションの最適な方法を提案するデザインオフィス。

CI・VIやPKG、カタログや広告などのエディトリアルを中心としたグラフィックデザイン、WEBや動画などデジタル領域に

おけるインタラクティブデザイン、店舗等々の空間ディレクション・サインデザイン。これらを中心としながら、

その他イベントやショー演出、プロダクトデザインなど多岐にわたるクリエイションを展開しています。

  • client voice

The company co.,ltd :: design office
Harajuku CS house#401 3-20-19 Jingumae Shibuya-ku Tokyo 1500001 | TEL:03-6438-1915 FAX:03-6438-1916

↑

    Tweet to @support