note » くじらを見に海へ行く | The company co.,ltd | ザ・カンパニー – デザイン・ブランディング・プロモーション

note

デザイン・音楽・映画・本・ファッション・カルチャー・料理・植物・etc…。
私たちが好きな事、気づいた事、見つけた事を私たちの目線で"時々"綴るロードダイアリー。

くじらを見に海へ行く2017.10.18

宇宙人が地球にやって来るのは何故だ。

もし俺が宇宙人で、地球へ人を見に観光へ行くなら。もし。

 

人っていうのはいろんなものを摂取しているなぁ。いろいろな形や色で体をデコレーションするのか。生存以外の目的がたくさんあってこれでは目が回るぞ。星の連鎖の頂点だけど、とび抜けて力をもっている特別な生命体だ。しかも多種族との友好関係には興味がなく、もの凄い増殖力だ。でも賢くはなく、危険な奴らだ。

 

とか、遠くからよーく観察するだろうか・・・

 

 

 

・・・鯨のしぶきが初めて遠くに見えた時、それはとても大きかった。

本当は、水平線を背にすると雨粒の一滴ほどの大きさでしかない。

でもそれは、爆弾が投下された瞬間を見たと同じく、とても大きく見えた。

 

鯨は凪いだ海と同じリズムで、10m離れた船にかまうことなくゆっくりとしている。

5分おきくらいに水面にぬぅっと背びれを見せると、潜水艦のようにまた沈んでいく。

1時間半の間に、ただそれを何度も繰り返す。

そのたびに吐息がもれる。

 

鯨の存在感は、「ただそこにある」。

風に揺らぐ木の葉、座っている老人、神社仏閣、川の流れや岩や山、本を読んでいる人、モンゴル人の話し合い、赤ちゃん・・・とかに通じる静寂がある。

船酔いで若干Badに入っていることもあるのか、珍しくコスタリカ人観光客も皆静かに行儀いい。

 

 

魚なら人からすぐに逃げて行くし、イルカなら一緒に戯れてくれるのかもしれない。サメやシャチには俺は食べ物だ。

鯨は、俺を前に、ただそのままだった。

昨夜の二日酔いが俺にも船酔いの波と共にやってきた。眠気もゆっくりと襲ってきた。

それでも鯨と一緒に、ただそこに居たいと思った。

鯨は何か、特別だった。

感じ入ると、それはホーリーなものだった。

 

 

美しく流れる緑の山脈と水平線を背景に、広い海を生きる大きな鯨。

そこは彼らの家だ。

視覚に入る範囲の中で、一つの物の大きさがある程度の範囲を占めると、世界は変化する。

例えば、小さな水槽にメダカが入っていれば、水槽は彼らの家だと視覚的に理解できる。

それと全く同じで、鯨の大きさと存在感は、広大な海が彼らの家なのだと感じるに十分だった。

 

私は、お邪魔しました、絶対にゴミ捨てません。と、心の中で敬語でつぶやいた。

 

 

宇宙人か、宇宙人・・・。

 

おーい、俺―、俺よーぃ

Contact

The company co.,ltd <ザ・カンパニー>はブランディング・プロモーションの最適な方法を提案するデザインオフィス。

CI・VIやPKG、カタログや広告などのエディトリアルを中心としたグラフィックデザイン、WEBや動画などデジタル領域に

おけるインタラクティブデザイン、店舗等々の空間ディレクション・サインデザイン。これらを中心としながら、

その他イベントやショー演出、プロダクトデザインなど多岐にわたるクリエイションを展開しています。

  • client voice

The company co.,ltd :: design office
Harajuku CS house#401 3-20-19 Jingumae Shibuya-ku Tokyo 1500001 | TEL:03-6438-1915 FAX:03-6438-1916

↑

Tweet to @support